尚美園について

ホーム > 尚美園について

京都の山郷から。

家族だけで営む小さなお茶屋です。

当園は大正時代より日本緑茶発祥の地、京都の宇治田原において、緑茶を謹製、商っております茶問屋でございます。家族だけで営む小さなお茶屋で、扱う量はごくわずかですが、その分手間暇かけて、労力を惜しまず茶づくりに専心できますから、味と品質には絶対の自信を持っております。

当園のお茶は大きく分けて、祖父・彌作から受け継いだ茶づくりの技法で仕立てた「伝承宇治茶・彌作の昔づくり」と、現代の食生活や味覚に合わせて天然由来のアミノ酸をごく少量加えて、熱湯でも気軽に楽しめるよう工夫した「緑茶名人・まろみじたて」の2タイプがございます。 それぞれ玉露、煎茶など多彩な品揃えをいたしておりますので、お好みの味をお選びいただけます。

小さなお茶屋だからできる「京のお茶」100%です。

(社)京都府茶業会議所では、「歴史・文化・地理・気象など総合的な観念から、京都・奈良・滋賀・三重の四府県産で京都府内の業者が府内で仕上げたもの」と定義しています。 私どもの扱うお茶はもちろん「宇治茶」ですが、さらに産地にもこだわって「京都府内産の茶葉」だけを用いています。 耳慣れない言葉ですが「京茶」、生粋の宇治茶ということもできるでしょうか。爽やかな口当たりのなかに、ほのかな甘い余韻がふんわり残るふくよかな味わいは、「京茶」にふさわしい“はんなり”とした美味しさです。 ぜひ一度、「京のお茶」の真味をお試しください。 また、お茶をさらに美味しく召し上がりいただくために、いろいろなお茶うけやお茶の伴などもお届けしています。お気に召しましたらぜひご用命を賜りますよう、心よりお待ち申し上げております。